• 第20回胎内市チューリップ写真コンテスト入賞作品
    • 胎内市長賞

      新潟市 相馬大樹【輪郭の彩り】

      瑞々しい露を戴いた一輪の花が、露の重さで傾いています。やがて、日が昇り、露が気化するにしたがって凛とした姿勢に戻る、その朝の姿を見事に捉えています。構図も完璧です。中央左の水玉模様のボケが画面を引き締め、下方の茎が安定感を添えています。チューリップの本質を表現した素晴らしい作品として最高賞に輝きました。

    • 新潟日報社賞

      新発田市 阿部則彦【愛・燦々】

      手前に強烈な赤いチューリップを配しながらも、楽しそうに家族をソフトに表現しています。魚眼レンズの特徴を生かし、手前に赤い花をリアルにしかも動的に表現し、後方には穏やかで幸せ感の伝わる雰囲気が漂う家族を素直に写し出しています。
      人生の起伏をも連想させる内容に富んだ作品です。感性と表現力に敬意を表したい。

    • 特選

      新潟市 渡辺隆【一番いい顔で】

      とにかく嬉しそう、楽しそう、可愛い、現代っ子の姿が素敵で微笑ましい。素晴らしい作品です。4人と言う作画的に難しい人数を上手く生かしながらの構図がいい。右手の女の子の白い衣服と大きなアクション、そして手前の二本のチューリップが左右のバランスを取り、最後の両手を開いた女の子が全体をうまくまとめています。

    • 特選

      胎内市 野澤和幸【日輪】

      チューリップを逆光で捉えた見事な作品です。背景の美しさは深い感動を覚えます。花もピンクの透過性のある色彩を選んだことが表現力を高め、幻想的な作品になりました。真ん中の花弁はロウソクが灯っているかの様にも見え、下方の2個の花弁の中は現世を写し出しているかの様にも見えます。まさに“祈り”を強く感じる作品です。

    • ㈱新潟フジカラー賞

      三条市 田中日登志【ファミリー】

      幸せ家族万歳!と言う感の明るく元気に満ちた作品です。背景の赤いチューリップが効いていますし、後景の新緑が若々しい家庭を感じさせてくれています。この作品では中央に可愛い舌を出しておどけている男の子が主役になりきっています。帽子のつばを後ろに回したところなどは、前途を嘱望するに足る元気さです。

    • 富士フイルムイメージングシステムズ(株)賞

      新潟市 小柳信子【美人ぞろい】

      今、人気の少女達が歌って踊るステージを連想させてくれる華やかな作品です。彼女たちの明るさの中にも気品を漂うファッションのイメージがこの新しい品種に好くマッチしています。中ほどの白い雲も巧く配置され、画面を構成しています。技術的にはこうした明暗差の大きいシーンの露出を適正にまとめた撮影技術は高く評価されます。

    • 胎内市観光協会賞

      新潟市 太田安恵子【注目】

      高台からチューリップと菜の花の両会場を上手く撮っています。お母さんと娘さんでしょうか?それとも嫁さんと姑さんでしょうか?それぞれに見方は違ってもチューリップを見る思いは変わらない。二人の間の人物の姿と配置が画面に動きと安定感があり、観光写真としても内容に富んだ作品になりました。

    • JA中条町賞

      三条市 早川恭弘【笑顔 満開】

      ハート型のチューリップエリアでの3ペア。画面構成が見事です。1ペアだったら後景の賑わいから埋没して平凡な記念写真になりますが、前3人の女性の手の動き、後ろの右手を挙げた白い服の男性で画面のバランスを取っています。
      後方には花の採取に余念のない家族、チューリップに寄せる思いの二面性を表現した稀有な作品と言えましょう。

    • 中条町商工会賞

      新潟市 小林正義【花園の少年】

      少年の凛とした姿がいい。眼鏡と帽子が似合っています。しかもVサインでなく、指指したような指の緊張感が画面に力強さを与えています。更には真っ赤なチューリップだけに情熱と溌刺さが感じられます。まさに現代世相に勇気と活力を与えるような力が伝わってくる作品です。

    • 中条チューリップファクトリー賞

      柏崎市 原正樹【笑顔 満開】

      淡い色のチューリップ畑で白い風船でしょうか?大きな球を見つめる少女。何とも不思議な感じがします。少女は広大な花園に足を踏み入れて、腰を下ろした時、先ほどまでこんな大きな球はないと思っていたのに、「それほどでもないわ!」と一瞬そう思った表情にも見えます。広い畑の中では、大きい物も意外に小さく感じるものです。明るい色彩の中での少女、真剣な眼差しがいいです。