• たのしみたいない
    • 新たな胎内ブランド作りが始まりました!(2012年5月1日)

      私たちもっと胎内応援隊が進めてきたプロジェクトの一つがスタートしました。
      それは、旧黒川地区にある遊休地を活用して新たな胎内ブランドを作り上げる取り組みです。

    • 地元の方々、育種家である矢澤先生(NHKの「趣味の園芸」講師としておなじみの先生)、もっと胎内応援隊の胎内市事務局スタッフが協力して、4月21日に、フルーツパークにビルベリー4種類24本とブルーベリーの新品種15種類45本の植え付けを行いました。

    • 今回のプロジェクトは、もっと胎内応援隊が昨年から計画を進めてきたもので、フルーツパークの遊休地活用と、そこで栽培される植物を使って新たなブランド作りを行うというもの。
      ある化粧品会社とのミーティングを何度も重ね、ようやく栽培に辿り着きました。

    • 今回植えつけられたビルベリーは、古くから目の疲れなどに効果のある果実として知られ、健康食品などの分野で注目されているもの。
      今年から栽培を開始したビルベリーに多くの果実が実れば、その実を利用した新たな加工商品の開発も可能となります。

      昨年の春から始まった甘草の試験栽培とともに、フルーツパークのビルベリーの成長にご期待ください。
      黒川地区の活性化に大きく貢献してくれる果実となってくれるはずです。